ネットが相棒です

私の生活の一部に組み込まれていることですが、もう何年もネットが相棒です。

ネットサーフィンはもとより、買い物をするにもネット頼り。

店を探してなかったものをネットで探して取り寄せる、というのはよくあることですが、そうではありません。

いろんな地域のグルメをお取り寄せして楽しむ、という利用の仕方ももちろんありますが、それだけでもありません。

電化製品を買うにもまず電器屋を眺めた後、性能やメーカーにそれとなく目星をつけた後に自宅へ戻ります。

そして、ネットを開いて商品を探し、送料等も込みで考えて、店頭の展示価格より安いものを探すということをしています。

また、生活用品などの、喫緊で必要でないものなども、安いものをネットで探してまとめ買いしてしまいます。

必要なものをできるだけ安く買い、美味しいグルメをお取り寄せする……という、節約になっているのかいないのかわかりません。

だけど、家の中でごろごろしながらパソコンを開き、ヘアリプロの口コミを読んだら、ヘアリプロの育毛剤を買おうかとわくわくする時間が至福です。

これはネットで買い物をするのが趣味、ということになるのでしょうか。

また、それは私だけではなく、私の家族も同じのようで、私の家にはひっきりなしに宅配便が訪れます。

これは私の荷物、これは兄弟の荷物、これは親の荷物、といった調子です。

いつも同じ宅配員さんが来てくれるので、いつもどうも、というご挨拶になっています。

きっとこれからもお世話になることでしょう、本当に宅配員さんには頭が上がりません。