ワンプレート化の晩御飯で得られる幸福感

主婦にとって食事作りは、家事の重要作業です。

ここをきちんと押さえていないと、家族から「何?母さんでしょ…」や「ずっと家にいるのに…」と言われてしまいます。

昔の母親像をまねし必死で家事をこなしてきたが、皆にとっては私の頑張りは当たり前に変わっています。

そして食事作り。

いつも2時間かけて作っていても、食べるのは15分以内。

それでも一汁にご飯、おかず、箸休めと…作るのは嫌いではないです。

嫌いなのは、あとかたずけ。

かたずけさえ楽になってくれればと常々思っていました。

きっとフルタイムワーカのお母さんたちだって思っていると思い、思い切って聞いてみました。

「晩御飯、どうやって提供してる?」「普通よ。」いや、その普通が知りたいんです。

「時短テクニックは?」「肉を焼く。お皿にのせる・・・」と言われ、聞く人間を違えた。

と思っていたら、「100均である子供用プレートに肉をのせる。」と言ってきました。

「プレートって?あのお子様プレート?」目から鱗!!早速買ってきておかずと箸休め、サラダをのせてみました。

こ、これは、おしゃれなカフェのランチやーーん。

家族にだしてみました。

みんな「なんかおしゃれ。自分の食べる分が分かって食べやすい。」好評でした。

そしてあとかたずけ。あ、、、、、小皿も大きな皿もなくめちゃくちゃ楽!30分かけてたかたずけが10分で終わりました。

それ以来、プレートを和洋中に買い使い分けしています。

作るこっちも盛り付けなど工夫し、イベントによってはデコレーションしたりと、楽しんでいます。

晩御飯をワンプレートにしただけで、食事提供がこんなに楽しくなるなんて。

ありがとうプレート!今晩はオムライスセットだ!

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク